発毛剤・育毛剤はどう違うの?

最近なんだか髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えた気がするといったお悩みを解決するのにヘアケア製品を使用するという方法があります。
薄毛や抜け毛の改善のためのヘアケア製品として、育毛剤と発毛剤などがありますが、実は育毛剤と発毛剤って同じ内容の製品ではないんですね。
ではどういった違いがあるのでしょうか。

違いとしてはそれぞれの効果にあります。
基準として言えるものとして発毛剤の場合は毛が抜けてしまった毛穴から髪の毛を発生させる効果があるものとされています。
そして育毛剤の場合は産毛も含めた今生えている毛を太く丈夫で健康的に育てる効果のあるものとされています。
ということで発毛剤は毛を再生させる、毛の抜けたところに新しく毛を増やすという効果を持っていて育毛剤は今ある毛を抜けない丈夫で健康な毛に育てるというものです。
こう聞くとその意味合いは全く違うものなのでびっくりですよね。

また育毛剤と発毛剤の他にも養毛剤という種類のものもあります。
養毛剤は髪の毛に栄養を与える物であり、いわゆるトニックなどもこの養毛剤の種類に当てはまります。

曖昧な知識でヘアケア製品を使用するよりもしっかりとした知識で使用したほうがより自分の髪の毛や頭皮の状態にあった製品を使用することができます。
また市販のものを使用していてもなかなか効果が出ないというような場合には、医療機関で診断してもらうという方法もあります。
ぜひ検討してみて下さい。
また育毛剤、発毛剤、養毛剤、すべて正しい使い方で毎日定期的に使用し続ける必要があります。
その点も注意してください。